2010年11月01日

みだれ髪翻詠001-002

ymg002 悠山人
今はたち櫛をとおした黒髪は 高ぶるまでに美しいのね
ymg001 悠山人
身のほどの髪をそおっと解かしても 乙女ごころはまだ硬いのよ

みだれ髪006 与謝野晶子
その子二十櫛にながるる黒髪の おごりの春のうつくしきかな
みだれ髪003 与謝野晶子
髪五尺ときなば水にやはらかき 少女ごころは秘めて放たじ


◆『みだれ髪』翻詠百選 悠山人選詠◆
【依拠本】ダイソー文学シリーズ28『与謝野晶子』、大創出版、2005。
【照合本】岩波『新 日本古典文学大系 明治編23 女性作家集』、岩波書店、2002。
[cocolog 版(2008年08月04日〜09月22日)を再構成した。]
posted by 悠 at 06:00| みだれ髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。