2010年12月05日

みだれ髪翻詠069-070

ymg070 悠山人
彩の花に覆われ美しい 棺のなかの友よあなたは
ymg069 悠山人
紅梅にひかれて登った京の山 でも叔母の尼寺には行かず

みだれ髪269 与謝野晶子
くさぐさの色ある花によそはれし 棺のなかの友うつくしき
みだれ髪268 与謝野晶子
紅梅にそぞろゆきたる京の山 叔母の尼すむ寺は訪はざりし
posted by 悠 at 06:00| みだれ髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

みだれ髪翻詠067-068

ymg068 悠山人
どれほどにこの黒髪が乱れたか 思い思って乱れ乱れる
ymg067 悠山人
お子さまがお生まれのことおめでとう いつかは素敵な恋をするのね

みだれ髪260 与謝野晶子
くろ髪の千すぢの髪のみだれ髪 かつおもひみだれおもひみだるる
みだれ髪257 与謝野晶子
このあした君があげたるみどり子の やがて得む恋うつくしかれな
posted by 悠 at 06:00| みだれ髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

みだれ髪翻詠065-066

ymg066 悠山人
旅に出るあなたと別れの夕暮れに 二人で残す白萩の歌
ymg065 悠山人
二十まで何もいいことなかったわ せめて夢でも安らかがいい

みだれ髪253 与謝野晶子
君ゆくとその夕ぐれに二人して 柱にそめし白萩の歌
みだれ髪249 与謝野晶子
二十とせの我世の幸はうすかりき せめて今見る夢やすかれな
posted by 悠 at 06:00| みだれ髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

みだれ髪翻詠063-064

ymg064 悠山人
言葉にもならない私の気持ちなの 胸から胸へ伝えるだけね
ymg063 悠山人
水底に映る黒髪だれかしら? あらあら緋鯉に梅の花びら

みだれ髪244 与謝野晶子
詞にも歌にもなさじわがおもひ その日そのとき胸より胸に
みだれ髪240 与謝野晶子
みなぞこにけぶる黒髪ぬしや誰れ 緋鯉のせなに梅の花ちる
posted by 悠 at 06:00| みだれ髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

みだれ髪翻詠061-062

ymg062 悠山人
野ばら折り髪に挿したり手にしたり あなた待つ日はとっても長い
ymg061 悠山人
ふた月を歌にこもった京の宿 川の千鳥も恋人探し

みだれ髪237 与謝野晶子
野茨をりて髪にもかざし手にもとり 永き日野辺に君まちわびぬ
みだれ髪232 与謝野晶子
ふた月を歌にただある三本樹 加茂川千鳥恋はなき子ぞ
posted by 悠 at 06:00| みだれ髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。