2010年12月09日

みだれ髪翻詠077-078

ymg078 悠山人
紅の扇に悔し涙して 嵯峨の舞妓の朝は寂しい
ymg077 悠山人
夏やせは浮気もきいていますのよ 田舎暮らしに女の話?

みだれ髪299 与謝野晶子
くれなゐの扇に惜しき涙なりき 嵯峨のみじか夜暁寒かりし
みだれ髪296 与謝野晶子
夏やせの我やねたみの二十妻 里居の夏に京を説く君
posted by 悠 at 06:00| みだれ髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。